価格が安いことが最大のメリット!

中古車とは、一度人の手に渡ったり利用された車の総称です。そのため新車と違って一度人の手に渡ったということから、新車よりも安く販売されていることが多いところが最大のメリットとして挙げられています。つ…

車種が豊富に揃っている

中古車の魅力というと、新車と比べると車種が豊富にあることといえるでしょう。そもそも新車はお客さんから注文を受けた後に製造するため、在庫が残りにくいです。よって、旧モデルの車に乗りたくてもなかなか見…

新車よりも納車が早い!

中古車を購入するメリットの一つに、納期が早いことが挙げられています。新車の場合は、購入を決めてから車を生産することが多いです。もし何のオプションもつけず、メーカーに在庫があるのであれば、比較的納期…

カスタマイズが限られる

中古車は新車よりも安く購入できる可能性があり、うまく探せば新車よりもかなりお得になるでしょう。ただデメリットもありその一つとしてメーカーから提供されるオプションの問題があります。新車は購入時に希望…

価格が変動する

中古車は、新車とは異なり、時期によって相場が変動します。そのため、購入時期に関しては、いわゆる買い時をしっかりと抑えておくことが欠かせません。そうすることで、購入価格を抑えることができるようになり…

内装が劣化している

車両の扱い方が内装の傷み具合に影響する

中古車の良し悪しを決めるポイントとして走行距離があります。この数値が多いほど部品の劣化も進んでいると見なされるのが普通です。しかし走行距離はあくまでも車両の走行性能に影響する事柄であり、内装の状態とはほとんど関係がありません。内装の劣化は汚れを付着させたまま放置する、乱暴に扱うなどの不具合で生じるためです。運転中にタバコを吸ったり、車内で飲み食いをする人の車は内装の汚れがひどく、シミや焦げなどの重大な損傷が生じていることもあります。また、鋭利な物や汚れている物を車内、特に座席に乗せると内装は著しく劣化すると言えるでしょう。体が汚れている動物を乗せた場合も不快な臭気がこびり付く他、汗や垢などの汚れで変色する可能性も否定できません。

日差しが当たる場所に置かれている車は内装が傷みやすい

中古車選びのポイントとして駐車場所があります。多くの販売店は屋外の駐車場に中古車を並べていますが、日光が直接当たる場所に置かれている車両には注意しなければいけません。過去の所有者が丁寧に扱っていたとしても、販売店が野ざらしで放置しているとその車両の内装は劣化が進んでいる疑いがあります。内装は紫外線や熱で劣化が進むので、日除けの無い野ざらしな状態で長く放置した中古車は状態が良くないと言わざるを得ません。また、内装が劣化するような扱いをする販売店は車両メンテナンスの知識に乏しいと言えるので、中古車の安全性にも疑問が生じます。欲しい車種だったとしても、日光が直接当たる場所にそのまま置くような販売店からは購入しないのが賢明です。

値段以外にもメリットがある中古車

中古車は1度販売された車のことを指します。値段が安価なだけでなく、絶版になったモデルを購入できることがメリットです。