価格が安いことが最大のメリット!

新車同様の状態でも安く購入できる

中古車とは、一度人の手に渡ったり利用された車の総称です。そのため新車と違って一度人の手に渡ったということから、新車よりも安く販売されていることが多いところが最大のメリットとして挙げられています。つまり販売されたばかりモデルや新車であっても、一度購入されて誰かが乗った後であれば中古車としての扱いになるため、新車として販売されているものよりも安い価格で販売されていることが少なくありません。新車でも中古車扱いになれば安くなるので、年式が古いものや古いモデルであればさらに安く購入することが可能です。

このように中古車は新車よりも安く買うことができるところが大きな魅力で、新車レベルの状態のものでも手軽に購入できるようになっています。

価格が安いのでローンも通りやすい

中古車は価格が安いところが最大のメリットとして挙げられていますが、そこからさらに派生するメリットとして言われているのがローン審査が通りやすいところです。新車など高額な車を購入しようとすると、人によってはなかなかローンが通らなかったり返済の負担が大きくなって大変だと悩む人もいますよね。また初めて車を購入する人にとってもローンの審査は気になるところなので、できる限り審査が通過しやすい車を購入したいと考えている人も多いです。

中古車であれば新車よりも安く購入できますし、同じ価格でも新車よりもグレードの高い車にも手を出しやすくなっています。このように安く購入できるということはローンも審査が通過しやすくなっているということなので、ローンを気にする人にとっても魅力的なメリットです。

車を購入すると、税金や車検代などの維持費がかかります。しかし、カーリースなら諸経費はすべて価格に含まれているので安心です。