価格が変動する

中古車の購入には時期が重要

中古車は、新車とは異なり、時期によって相場が変動します。そのため、購入時期に関しては、いわゆる買い時をしっかりと抑えておくことが欠かせません。そうすることで、購入価格を抑えることができるようになります。一般的に、需要の高まる時期には、中古車の価格は下がりにくくなります。2月や3月は、4月からスタートする新生活に備えて、車の需要が高まる時期です。また、3月の決算期までに、新車の販売数を伸ばしたいメーカーが、新車の価格を下げてくるため、今持っている車から新車への買い替えを考える人が増えていきます。すなわち、中古車の供給量が増え、バリエーションも増えることから、中古車を購入する人も増えるのです。そのため、この時期の中古車は、価格を下げなくても売ることができるのです。

中古車の価格が下がるとき

2月から3月にかけての需要の高い時期が過ぎ、4月や5月になると、中古車の需要が減ってくるため、価格は下がっていきます。そのため、どうしてもこの車が欲しい、今すぐに必要だという状況でなければ、価格が一気に下がる4月や5月まで待ってみるのも、一つの方法です。その他には、ボーナスの直前の時期や、大型連休中やその直後の時期もねらい目です。ボーナスの直前になると、金額の大きいものに関しては、ボーナスが入ったら購入を検討しようという人が増えてきます。また、大型連休中は旅行やレジャーへ出掛ける人が増え、直後になると、連休中に出費がかさんだので、しばらくは大きな買い物を控えようとする人が増えます。つまり、車の需要が少なくなる時期でもあるのです。